そのUVカットのサングラス・・大丈夫?

最近お外で遊んでいて、目が痛いのでよくサングラスをするのですが、近所のスーパーで買った安物だからでしょうか、微妙に目が痛いです。紫外線99%カットとか書いていたのですがね…

それでちょいと調べてみたのですが、まあ、相変わらず軽くググってみただけですけどね。UVカットってよく言うけど、法的に規格が決まってるわけじゃなくて、メーカーの自己申告でしかないらしいんですよ。

まじかよ…(´・ω・`)

ってことは、はっきり言ってメーカーの信用が大事ってことで、どこの馬の骨ともしれないよくわからないメーカーが作ってるUVカットメガネはやばいかもってことだよね。

僕が使ってる安物の、メーカー名すら不明の適当なサングラスですが、たしかに、サングラスをしてないよりかはかなりマシなんですが、それでも若干目の奥が痛くなるのです。たぶんUVカット率は体感で70%ですね。強い日差しの中で目がチカチカすることがあります。

法的には定められていないUVの性能ですが、一応業界の自主規格はあるらしいです。UV400というものらしいのですが、これは国際規格で、400ナノメートル以下の紫外線を98%以上カットすることを保証しています。しかし、法的には保証されていないので、やはりメーカーの信用が大事ということでしょう。

信頼できるサングラス選びのポイント

  1. 信頼できるメーカーを選ぶ: 長い歴史や良好な評判を持つメーカーの製品を選ぶと安心です。
  2. 第三者認証を確認する: UV400の表示があっても、第三者試験機関による認証があればさらに信頼性が高まります。例えば、CEマークやISO規格に準拠しているか確認するといいかも?
  3. 製品レビューを参考にする: 実際に使用した人々のレビューや評価も参考になります。

みなさんも、サングラスを買うときは、信頼できるメーカーの製品を選ぶことをお勧めします。そして、サングラスをしているのに何か目が痛いな…と感じたら、そのメガネは性能が低いかもしれません。というお話でした・・。



↓ クリックしていただくと、当ブログが元気になります(^^)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。