そのアドバイス、いらないかも?

SNS等で、ちょっと分からない事をつぶやいたりすると、すぐに親切な人がアドバイスをくれたりするんです。

しかし少し強い言葉を使えば、はっきり言ってそれは余計なお世話かもしれません。

疑問をつぶやいているからと言って、人に助けを求めているとは限りません。

自分は今こういう事を考えているよ・・と言いたいだけかもしれません。

その人にとっては貴方のその親切は、その人から自分で考える事や、工夫する楽しみを奪っているのですよ。

それは野遊び海遊びの一番おもしろい部分です。

遊びの醍醐味を奪っているかも知れないと考えてみてください。

だからもしも貴方が野遊びの達人なら、そこは静観しなきゃだめです。

どうしても話しかけたいなら、

「アドバイスしましょうか?」と聞いてみたらどうでしょう?

その人が「助けて」「教えて」って言ってるときは助けてあげたら良いと思います。

特に単動行をするような人はその傾向が強いと思うのです、安易なアドバイスなんて求めてないのです。ちょっとググれば出てくるような事はすでに自分では調べてるわけですからね。

お気をつけください(´・ω・`)

ちなみに毎度の事ながら、この私の言っている事は私が個人的に思っている事に過ぎませんので、全ての人に当てはまるわけはありません。しかしこういう事を考えている人もいるって事です。何かの参考になるかもしれませんね。

考える楽しみ・・奪っていませんか?



↓ クリックしていただくと、当ブログが元気になります(^^)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。