知的登山のススメ(山を読んで書く楽しみ)読了

例のゴトク、YAMA BOOKSを読みまくる。
なぜかって言うと、古本で無駄に安いから(笑)

今回読んだのはこれ『知的登山のススメ』

知的登山のススメ
『知的登山のススメ』

知的登山のススメとは何か?と言うと、
要するに、山に登って(あ〜楽しかった!)だけで終わるのは勿体ないよ?
もっと登山を知的に楽しもうよ!!
という提案。

ちょっととっつきにくい内容なんだけど、
つまりは、文学を楽しんだり、芸術を楽しんだり、学問として楽しんだりしよう!と言う事。
そして、それだけではなくて、ちゃんと記録して、形に残しませんか?と言うような事が書いてある。
そしてその技法について、事細かく、おせっかいなぐらい懇切丁寧に説明してる。無駄なぐらいに。

はっきり言って内容はとても退屈な本。
ただ1点良かった所があって、奥多摩登山の研究をするにあたって、どんな本を調べればいいかのヒントが凝縮されている事。これからこの本を片隅に置いて、ちらちら読みながら奥多摩山の事を調べてゆきたいと思いました。

関東周辺の山を極めてやる〜!!なんて思ってる人には良い本だと思います。
もちろんそれ以外の人もどうぞ。



↓ たまにはクリックしてくれてもいいぢゃないのっ!?(/_;)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。