百名山の人ー深田久弥伝 読了

日本百名山はいかにして生まれたか。
小説家としての挫折っ。

『日本百名山』で有名な深田久弥さんですが、
ネットなどで彼の事を調べてみますと、
妻の書いた小説を自分名義で発表したり、
病気の妻がいるにも関わらず、愛人と山登りに行ったり、
なんだか、ロクでもない人なんですよね。

いったいこの深田久弥って人はどうなってるんだ?と疑問が生まれまして(笑)

それで見つけたのがこの本『百名山の人ー深田久弥伝』。

百名山の人 深田久弥伝
『百名山の人ー深田久弥伝』読了。

で、読み終わった感想なんですが、
深田久弥さん、そんなに言われてる程、悪い人じゃないなぁ・・と僕は思いました。
いや、むしろ良い人かも。
そもそも、人間って完全な悪とか、完全な善とか、単純に2つに分ける事ができない部分がありますよね。

自分の話しで恐縮ですが、僕も自分を決して悪い人間では無いと思っていますが、
やっぱり人には言えないような、後ろめたい事の10個や20個はありますし(多すぎる(笑))
かと言って、その悪い部分が僕の全てではありません、当然ね。
深田久弥さんも悪い所と、良い所がある。その悪い部分が剥き出しになった時に
世間様に対して、本当に深い苦しみがやってきます。自業自得と言えばそこまでなんですが。
その苦しみはこの世で煉獄の様に続きます。

この本は深田久弥さんと、彼のファンにとっては救いがある本だと思います。
読み終わった後は、深田久弥さんに対する偏見(?)も解けて、
静かな感動に包まれる・・そんな内容になっていました。

人間って面白いですねぇ〜。。

日本百名山を目指して山歩きを楽しんでいる方は、
一度手にとってみても良いかもしれませんね。

百名山の人―深田久弥伝(amazon)



↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。