たんぽぽ、育ててみたい。

こん◯◯は。

今『自然を傷つけない山登り
(amazon)』という本を読んでいて、その中に西洋タンポポと、日本の在来種のタンポポの見分け方が書いており、興味深く読んでいる所です。

春になったら日本のたんぽぽを見つけて楽しみたいと思います。

たんぽぽ
萼(がく)の形で在来種を見分ける事ができる(詳しくは後述)

んで・・ふと、思ったんだけど、

たんぽぽって種から育てる事できないかな・・(?)

ベランダの花壇に、いっぱいたんぽぽが咲いたら面白そうだな。

たんぽぽに限らず、雑草も育てたら、面白いかもなぁ〜と、
思ったりしてます。きっと花も咲くはずだし。以外な成長をしたりして・・。

たんぽぽの綿毛
たんぽぽの綿毛を少しわけてもらおう。

今年の春に向けて、ひとつ小さい目標ができました。

おわり。

<たんぽぽの在来種と外来種の見分け方 備忘録>
花を裏返して萼(がく)が反り返っているのが、外来種。
反り返ってないのが、在来種。

この話しのその後

たんぽぽをタネから育てるのは難しい〜(><)

この話しの後に、たんぽぽのタネを採取して、次の年の春に植えたんですが、
ぜんぜん発芽しませんでした(^^;)

調べると発芽率がめっちゃ低いみたいですね〜。
タネの保管方法とか、いろいろ考えないといけないのかもしれません。
興味がある方はチャンレンジみてみてください。
私は諦めました(笑)

以上でレポートを終わります(^^)



↓ クリックしていただくと、当ブログが元気になります(^^)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。