奥多摩東部登山詳細図

今更ながらですが・・。。
奥多摩東部登山詳細図 御岳山・大岳山・御前山・浅間嶺全58コース(amazon)
』を購入しました〜。

この地図は、実際に登山道を歩いて距離を測り製作した地図なんです。
そういうわけなので、コースタイムではなく、距離で表示されているのが特徴なんですよ。


どんな感じか、気になっていたのです。

範囲はあまり広くないのですが、登山道の様子が細かく書き込まれていて、なかなか良い感じです。磁北線も最初から書き込まれているので、とても便利だと思いました。

登山コースごとに、難易度表示のようなものもあり、バリエーションっぽい山歩きをこれから初めてみたい人にも頼りになるかもしれません。。

これから奥多摩を隅々まで歩いてみたい!!と思っている方には、心強い資料がひとつ増えたんじゃないでしょうか。。(^^)

ちなみに、この他にも『高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図(amazon)』や『東丹沢登山詳細図(amazon)
』も発売中です。

ボランティアの方々が、必死になって登山道を調べているんです、本当に命がけ(?)の部分なんかもあるようですよ・・。本当に有難うございますm(__)m

と、言うわけです。
では、まったね〜(^^)/

『奥多摩東部登山詳細図 御岳山・大岳山・御前山・浅間嶺全58コース』について

サイズ:B1判変型(685ミリ×1000ミリ)
折りたたみサイズ=230ミリ×112ミリ ビニール袋入り
■仕様:オールカラー 地図用特殊紙使用(折れない、破れない)

【内容】 奥多摩東部の御岳山・大岳山山塊58コースを表裏にわたって詳しく案内。
廃道を修正した最新のルートラインを掲載! 首都圏では登山者が二番目に多いといわれる奥多摩の御岳山・大岳山山塊。 標高が1000m~1400mと高く、山も深いため、道迷いや遭難も少なくない。 この登山詳細図では、北の多摩川と南の秋川に囲まれた山塊で、北西端をJR奥多摩駅、南東端をJR五日市駅に設定。各登山口から登り、向こう側に下山する横断登山ができる案内図として編集している。南側の浅間嶺も収録。 縮尺は1万5000分の1を基本に、御岳山周辺は5000分の1で作成。



↓ クリックしてくれてありがとうございます<(__)>
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。