いまさらながらメスティンのバリ取り。

トランギア社のメスティン、その重圧な見た目と、無骨な風体から購入をためらっていたのですが、ついに買ってしまいました。。1400円の出費は決して小さくはない。


無骨なパッケージです。

パッと見た感じ、ただの弁当箱にしか見えませんね〜(^^;)


う・・美しいッ!!

メスティンってもっと縦長のイメージがあったけど、
こうやって見ると思った程長くないな。

んで・・。。

今回はメスティンを買うにあたって、
ツイッターで皆さんにいろいろアドバイスをいただきました。


それで紙やすりを買ってきました。

なぜ、紙やすりを買ってきたか・・と言うと。
メスティンはかなりギザギザしてるので、ヤスリで整えた方が良いと言う事です。


このあたりのバリを取るためです。

実際に触ってみると、かなりギザギザしてて、指がキレそうです。

ってなわけで地味に紙やすりで、バリとりしました。


バリ取り完了〜。

この後は、白メシを炊いてみたら、とってもふっくらと美味しくできました。
普通のアルミクッカーと同じ炊き方ですね。


う〜〜ん、おいちぃ〜〜(^^)

ちょっと使ってみた僕の感想ですけど、炊爨した後のメスティンの蓋は熱くて開けにくい(ハンドルとか無いので、軍手はほぼ必須)って事ぐらいです。

ちなみに重量を測ってみると、150g程度で意外と軽いんですよ・・。。
近々実践で使ってみたいと思います。これでラーメン作れるかな〜?

おわり



↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。