suicaにお金をチャージして、とにかく闇雲に進んでみた。

なんとなく『さすらいの旅(?)』に憧れがあります。
僕が考える「さすらう」とは無計画に旅をする事で、
年末の連休に適当にさすらってみようと思いたち実行してみました。

とりあえず、suicaにお金を多めにチャージして、
それで電車をのりついで西へ西へ進もう進もうと言う事です。


とりあえず闇雲にチャージ。(4:54)

とりあえず、後はとにかく適当に電車に乗って闇雲に進む。


新宿から、品川まで移動。(5:20)

でも、実際にやってみると、これから乗る電車がどこへ到着するのか
すでにわかっているわけで、いまいちさすらい感が無いのです。

ここで途中で下車すれば、それはそれで面白いのでしょうけど、
見知らぬ土地は怖い!!(さすらう資格なし(笑))

それに降車して、そこが本当に面白くなかったら、金が勿体無いじゃんみたいな・・要するに貧乏。


何をやっているんだ・・俺は。(8:16)

とりあえず、名古屋へ向かっているようだ。


駅弁とか食べてみたい。(9:07)

鉄道での旅に慣れていないので、駅弁を買うタイミング、作法などがまるでわからない。

そうこうしてる間にも電車はズンズン・・と進む。
まぁいいや、いざとなったら飛行機で帰ろう・・とかおぼろげに考える。

だいたい電車に乗っていると楽だ。降りるタイミングが分からない。


豊橋と言う場所についたみたい。(11:04)

とりあえず僕的に特急料金は払わないってルールでやっている。
でも、快速とかは使って良いという中途半端なルール。
意外とガンガン進む。

ちょっと説明するのが遅れたけど、どのくらいさすらっているか?と言うと、
当然宿の予約などもしてるわけが無く、むしろ寝袋となぜかツェルトまで持ってきていた。
最悪は途中下車してその辺りの山に入って行って寝ればいいって考え。駅寝でもいいし、とりあえず何でも良いって感じ。
今思えばどんだけ無謀だったんだろう。


※これがツェルトです(参考写真)

ちなみにツェルトとは登山で使う緊急用の超簡易テントの事である。

そして・・。。


初めて名古屋に立つ。(12:10)

名古屋って歩いた事無いなぁ・・と思って名古屋で下車。
っていうかここが終点だったんだけどね・・。。
時間も丁度お昼だし、名古屋でご飯食べようと思ったのだった。

とりあえず・・ここまでの感想です。

『腰が痛い』

この旅の続きはこちら(名古屋見聞編)


備忘録


駅員に怪しまれた。

※suicaを使って名古屋駅で下車したら、駅員にどこから乗ったか聞かれた。僕はsuicaは日本全国どこでも使えると思っていたのだが、使えると言う事と、JR東日本からJR東海に移動すると言うのはまた違う話しの様だ。
新宿から乗ったと言うと駅員が微妙にイラついていた。忙しかったのかなぁ?







↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。