山男のお好み焼き。

こん◯◯は、東京登山です。


うまそう〜(^^;)

みんなお好み焼きは大好きですよね?
はい、僕も大好きです。
僕はそんなお好み焼きを山の中で食べられたらどんなに幸せだろう・・と
いつも考えていました(大げさ)


どうですか?ほら・・ふふふ。

思い続けて幾星霜・・その間に僕も山男としての修行を積み、研鑽を重ね、
山で食べるお好み焼きを研究していたのです・・。。

と、いうわけで、今日は山で手軽に食べられそうな
お好み焼きに挑戦です〜!!ゝ(▽`*ゝ)( ノ*´▽)ノ

プロ直伝〜。

実はちょっと知り合いにお好み焼き屋さんがいまして、
プロっぽくつくるコツをいろいろ聞いてきました。
それをまとめたのが以下。

  1. お好み焼きの旨さはキャベツの甘み、小麦粉はただのツナギにすぎない。
  2. 小麦粉をこねすぎるとグルテンが出てサクサクふわふわにならないよ!!
  3. (卵はいれる?という質問に)いらない。
  4. (山芋入れる?という質問に)いらない。
  5. (椎茸とか天かすは入れる?という質問に)いらない。
  6. (肉?海老?イカ??)いや別にいらない。
  7. 本当に美味いお好み焼きに必要なのは分厚い鉄板。

お好み焼きって、いっぱい具を入れるのかなー?と思っていたら、
実はほとんどが必須じゃなくて、もちろん入れた方が美味しいんだけど、
ほぼキャベツと小麦粉でできちゃう・・って事らしいのです。
キャベツぐらいなら山へ持ってゆけそうだよね。

では、作ってみよー。


量は適当です(笑)

キャベツはみじん切りにします。どのくらいみじん切りにするか?と言うと適当です。
細かくても、大雑把でもいいらしいです。出来上がった時の食感に関わってくるらしいので
お好みでどうぞ。そしてツナギになるお好み焼き粉にはすこし味付けしたいので顆粒だしを入れてね。


(ここがポイント)紅生姜も混ぜよう〜(^^)/

キャベツと小麦粉だけだとお好み焼きっぽさが出ませんので、紅生姜も混ぜておきましょう。
これを入れる事でぐっ!!とお好み焼きっぽくなります。ほぼ必須です。そしてこれらをまぜまぜします。
(混ぜすぎないように注意)


後は弱火でじっくり焼き上げましょう。

ごく薄く油をひいてその上で弱火でじっくりと焼きましょう。
あわててひっくり返さないようにね。

完成〜〜〜!!ゝ(▽`*ゝ)( ノ*´▽)ノ


『山男のお好み焼き』

キャベツ+小麦粉+紅生姜だけ!!
お好み焼として成立する最低条件だけを満たしたシンプルなものです。


ぬおおおぉっ〜〜!!

食べてみると・・∑o(*’o’*)o ウオオォォォォ!!
なかなか美味しい〜!!

タレとマヨネーズはケチケチせずに、しっかり塗りましょう!!
完成後は青のりや鰹節を乗せればさらに美味しさがアップします!!

積載量に余裕があれば、
他にも卵やお肉などお好みの具を入れるといいでしょう。

僕のオススメは、キャベツ+小麦粉+紅生姜+卵です。これがうまーい。
是非、山でもためしてみてくださいネ(^^)/

えいえいおー?






↓ クリックしていただくと、当ブログが元気になります(^^)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。