高萱尾根と高萱を訪ねる(2)

続きです。。

あんまり気が進みませんが・・。。

IMG_7233
いけるよな。。うん。

意を決して登り始めます。
ピンクテープがあるので、その方向へ導かれるように。
斜面を横断気味に登って行きます。

IMG_7235
斜めに登って行く。

ぬぬぬぬ・・・。。

足元の土がボロボロです。

力強く登りたいですが、パワーが逃げてゆきます。

剛性感のない斜面です。

IMG_7236
地面には黄色い杭が・・

登りながら周辺を良くみます。
右下を見ると・・・

IMG_7237
かなり急・・です。

これは危険だ・・と思いました。

まちがって滑落すると、転落のリスクがあると感じまして、右側(崖側)には近寄らず、ちょっと登りにくくても、崖から離れた所を選んで登る事にします。

単独行での転落=死、なので、
リスクを背負わない山登りを心がけねば・・と思っています。

IMG_7243
登りやすい所を選んで登りました。

IMG_7244
下を見た所、なかなか急だな・・

IMG_7245
土質はグズグズ・・で登りにくい。

立木を使い、力任せに登ってゆくと、傾斜もすこしづつ緩んできます。
やっと尾根の上へ乗りました。

ここまで20mぐらいでしょうか、たったこれだけの距離なのに
けっこう大変でした。。

尾根の上にたった所で休める程度の小さいテラスがありました。

IMG_7249
ここで態勢を整える。

ふー・・なかなかハードでした。
奥多摩の山は序盤が傾斜が厳しい事が多いですね。

IMG_7246
汗をぬぐい、水を飲んで一息つきます。

ここからも道は無いですが、
尾根通しに歩いて行けます。

IMG_7251
ここからも急な坂だが、これまでと比べるとずっと良いです。

IMG_7252
我慢しながら登ってゆくと、尾根の向こうに白い空が見えた。

IMG_7253
ところどころに黄色い杭があり良い目印になった。

のぼって行くと、途中で人工物が出てきます。
木をつかって階段(ステップが作ってあります)

IMG_7254
階段だ・・。。

ここから踏み跡が出てきます。
すぐに分岐が出てきまして、
左へ進むトラバース道が伸びています。
ここは左へは行かずに尾根通しに登ります。

IMG_7255
これが左側へ進むトラバース道。

この道を進むと、どこかに正規の作業道の入口があるのかもしれません。

IMG_7259
明るく、穏やかな場所。

IMG_7261
いい所だね。

きもちいいな・・(*´∀`)

IMG_7262
落ち葉。

IMG_7263
植林だ。

IMG_7266
しばらく穏やかな登りが続いて気持ち良い汗をかきます。

IMG_7270
踏み跡を感じるぞ。

IMG_7277
上を見ると、紅葉が輝いている。

踏み跡もいつの間にか無くなって・・・。。

IMG_7278
道の様子。

IMG_7279
落ち葉にも変化が出てくる。

ところどころで急坂が出てきて、悪戦苦闘しながら登ります。

その中でも特に危険を感じたのが、標高630m付近の急坂。
下の写真。

IMG_7280
中央に立木があり、尾根から少し外して、右側に道らしきものがあった。

下から見ると、普通に歩いてゆけそうだったので、右側から歩いていったのだが、
落ち葉が深く靴のグリップが効かない・・(汗)
途中まで登って、右下を見ると落ちると厄介そうだったので、登る事をあきらめていちど立木の所まで戻ろうと決めます。

ですが、下りは下りで落ち葉が深く靴のグリップが頼りなく、
下手をすると滑落しそうです。
慎重に、岩や細い枝を使って安全を確保しながら降りてほっと一息。

IMG_7281
左は左で危ない。

尾根の真ん中の岩の部分を突破する事にしました。
つかむ所、しっかり立てる所があるので、断然歩きやすいです。

ここが一番ひやっ・・とした所でした。
無理をせずに、いったん退いて客観的に自分の状態を判断したのが良かったです。

IMG_7283
ここから先も急坂はところどころで出てきます。

IMG_7287
立木をつかって登ります。

IMG_7289
手応え十分の急坂。

もうすぐで高萱山と言う所、ここの急坂も厳しい。
上手に立木を使い、立木を背にして立ち、
木から木へと渡りながら登ります。

終盤はなんとなく斜面を斜めに切るように登ると、杭が。
みると何か書いているようですが読めず。
ただ進むべき方向に→が書いてあります。

IMG_7290
矢印が書いてる杭。

IMG_7291
よし、もうすぐで高萱だ。

IMG_7295
ここが高萱かなー?

ここで昼ごはんを食べました。
実はここが高萱だと思っていたのです。

IMG_7303
お昼ごはん。

IMG_7304
今日もってきたラーメン。

IMG_7305
台湾で買った、統一麺。

作ってみたけど、スープの中に小さい乾燥エビが入ってる。

IMG_7310
スープが美味し。

IMG_7312
茹卵をトッピング。

IMG_7313
海苔巻き持ってきた。

IMG_7314
投入〜!!

IMG_7316
山まんまにして食べました。

IMG_7317
無線でラジオを聞きながら。

食い終わったら先へ。

IMG_7323
この先、そんな難しい所ないんじゃないかな。

IMG_7326
と、思っていたら、やせてる場所があってひやっと・・。。

IMG_7327
高萱に到着。

ちなみに、高萱山という山の名は僕は知らないです。
古地図を見ると、『高萱』って書いているんですよね。
山という文字は無いです。
『高萱山』と書いてある資料が見つかったら、追記したいと思います。

IMG_7332
高萱・・にて。

ごらんのとおり、立木に囲まれていて展望は無いです。

IMG_7336
周辺の様子。

高萱からはコンパスを見て、確実に進みました。

IMG_7342
ここからは本当に難しい所はない。

IMG_7343
最後の斜面。

IMG_7344
うわ、藪。

と思ったけど、藪が無い所(踏み跡?)があり、何の問題もなく突破。

IMG_7346
やったー!!

やりましたー。高萱尾根を完歩できましたー。

感想ですが・・序盤はけっこう厳しいですが、
もしかしたらもっと簡単な登り口があるのかもしれません。
途中にあった作業道がどこから伸びているのか、調べたいですね。
登山詳細図に期待です!(笑)

全体的には難しい場所は無いようですが、
落ち葉が深く、登りにくい、滑りやすい場所があるので、
周辺の様子を見ながら、崖や急斜面の側に立たないように、
慎重にルートを見極めて登る必要があるな・・と思いました。
一番確実な方法、斜面の弱点をみつけて、楽をして登りたいです。

なかなか楽しい尾根歩きだったと思います。

IMG_7355
この後は臼杵山へ。

IMG_7362
臼杵神社へ。

IMG_7364
一説によれば猫との噂もあるが・・・。。

普通に見ると猫じゃないよね。
もしかしてこれって、猫と狼を合成した想像上の生き物じゃないのー?
なんて、勝手な妄想をしました。

IMG_7370
下山途中。見えた日陰本田山、紅葉がいいね。

IMG_7381
茱萸御前(意味はわかってません)

IMG_7385
最後にはビリビリフェンス・・。。

これ苦手、嫌いだよー。

IMG_7386
電気が流れているので、通り方があります。

IMG_7387
電気が流れてない所を触ってうまく開ける。

あわわわわわ・・

あぶないあぶない・・
緑色の所が電気ビリビリらしいですが、緑が多すぎます(汗)

IMG_7389
そして荷田子からバスで帰りました。

以上でこの山旅は終わります。

ここまで読んでいただき、有難うございました。

あっ・・この投稿で今年は最後になります。
今年もありがとうございました。
皆様もよいお年をお過ごしください。

では!!



↓ たまにはクリックしてよね!((o((≧з≦)o))プリプリ
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。