阿宗麺線で昼ごはんを食べた。

龍山寺の見学が終わったので、お昼ごはんを食べに向かいます。

DSCF2172
移動中みかけた、犬を散歩してる男性。

ノーリードですけど、犬もぴたりと男性の横を同じ速度で歩いてとても賢いです。日本の犬とはぜんぜん違いますね。
どうやって躾けているんだろう。。

DSCF2175
レトロな建物の下を歩きました。

???不思議に思って建物に入ってみると、
突き抜けて裏路地へ入りました。

ガイドブックで確認したら、ここは『剝皮寮(ポーピーリャオ)』という場所のようです。

DSCF2177
清朝時代の建物が残っている。歴史保存地区との事です。

赤レンガのバロック様式の建物が並んでおるらしいです。

DSCF2179
若い人が多くて、女の子は自撮りに夢中になっていました。

DSCF2181
大陸から輸入した木材の皮を剥いで加工していた街です。

DSCF2183
とても雰囲気のある場所です。

そんなに日本人には有名な場所じゃないみたいだけど、
龍山寺からも近いので訪れる価値のある場所ですね。
僕は龍山寺よりこっちの方が気にいりました(笑)

DSCF2186
歴史的な建物なのに落書き(アート?)

DSCF2191
ただの落書きじゃないみたいだね・・。

その後も適当に裏路地を通りつつ飯屋を目指しました。

DSCF2194
謎の繁華街っぽい所に入ってみた。

DSCF2196
鳥ちゃんがっ!!!

DSCF2197
あー、、こりゃ観光客が来る場所じゃねーな。。(最高です)

DSCF2198
売ってるものが少なすぎる店(笑)

DSCF2200
理髪店の看板。良くみたら、日本式だね。

DSCF2202
室外機。

DSCF2204
谷間から建物を見上げる。

お昼ごはんを食べに『阿宗麺線』さんへ

今日のお昼ごはんはこちらで食べようと思います。
ネットで調べたところ、この食べ物を食べるためだけに
台湾を訪れる価値があるとか、
台湾で食べるべきもので、小籠包を抑えて一番に推す人もいるぐらいの有名店らしいです。

DSCF2219
『阿宗麺線』さん。

そんな美味いものがこの世に存在するのか・・。

でも、あまり期待しすぎるとガッカリする事多いです。

DSCF2205
そんな腹減ってないので、小碗(55NT$)を注文します。

店の人に「スモール!!」って言えば通じます。

そしたら「パクチー!?パクチー!!???」とか聞いてくるので、

「YES!!YES!!!」と返事しました(笑)

DSCF2206
碗に盛ってくれるトリオ。

キタァ!!

ドーン!!!

DSCF2213
これが、台湾最強グルメか・・(?)

食べる席とか無いので、立ち食いスタイルです(;^ω^)

DSCF2209
店の脇に、チリ、ガーリック、ビネガーの3種類があるので、
適当にぶち込んで食します。

食べてみましたが・・・・。。

うん、まぁ、たしかに美味い。
だが、これが台湾で一番オススメなの?という感じでした(ごめん)

麺はね・・これはソーメンだね。
スープは鰹だしかな?
具は、モツ?かなぁ?内臓系だね。

すげー熱くて、そのうえ、プラスチックのレンゲが使いにくい。
微妙に食べにくいです。(箸があると良い)

いやいや、美味しいですよ。
期待値が大きすぎただけで・・。。

今おもえば、すげー美味しいのかもしれない。
腹がそんなに減ってなかったのが残念だ。
朝めしのご飯の量が多すぎるんだよ(苦笑)

DSCF2218
色々言いつつも、完食しました。

うーん、これはまた別の意味で、もう一度食べてみたいかもしれない!!(笑)
ぜったい美味しいはずだよね〜。ウンウン。

さて、そろそろ3時なので、宿へ向かおうかと思います。
ちょっとコーヒー飲みたくなったので、
『阿宗麺線』さんの隣にあったコーヒーショップへ入りました。
店の前でメニューを見て、メモ帳に書いて店員さんに見せるスタイルで注文。

DSCF2222
『半島珈琲』で半島コーヒーを注文してみました。

なんか、よくわからないけど、普通のコーヒーでは無いけど、美味しかったです。

さて、地下鉄に乗って宿へと向かいます。
宿に入ったら、シャワーをあびて、仮眠をとりたいです。

つづく!!

» 台北旅行ひとり旅についてはこちらにまとめてあります。

918PQG6LyuL
ネイバーフッド台北 (Guide for walkable insider)(amazon)



↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。