唐松谷林道から雲取山登山(1)

こん♨♨は、東京登山です。

先日、唐松谷林道を歩いて雲取山へ行ってきたので、日記を書きたいと思います。

唐松谷林道は長い間通行止めになっていたのですが、整備され新しい木道も架けられたそうです。ずっと前から興味はあったのですが、雲取山へ向かう登山道の中では危険箇所もあり上級者向けのコースと言うことで躊躇いがあったのですが、今回自分の目で確かめたいと思い出かけてみました。

奥多摩駅から、バスに乗り、東日原で下車。
ここから黙々と林道を歩いて唐松谷を目指すのです。

IMG_8616
東日原バス停の様子。

バス停から空を見上げると、いい天気。
今日はいい山旅が出来そうだぞ・・
期待に胸が膨らみます。

IMG_8618
いい雲だな〜。

バス停から東日原の集落を抜けて行きます。

IMG_8632
途中にある『名水、萬寿の水』

IMG_8624
奥多摩山猫に遭遇。

IMG_8633
風鈴と朝顔(?)

IMG_8637
稲村岩。

IMG_8638
前方を歩いている人たち、日原鍾乳洞へ向かっているようだ。

IMG_8640
橋を渡り分岐、右は日原鍾乳洞、左へ入って行く。

東日原から延々と歩き続ける。
この道がとにかく長いです。

IMG_8646
道の様子。

途中は、無線機でFMラジオを聴きながら歩きました。
谷が深い場所なのですが、アンテナを目一杯伸ばすと明瞭に聞こえてきました。

IMG_8647
ときおり下方の川をみては、渓流の美しさに目が細める。

そして、天祖山の登山口の前を通過して、車止めのフェンスを通過します。
ここまではまだ序の口。
まだ林道歩きははじまったばかりだ。

IMG_8660
まだ半分も歩いてない。

ここからも、ひたすら長い。
だが、登山口まで我慢して歩かなければならない。

それでも、自分なりに林道歩きを楽しんでいました。

だが・・・

その時・・・事故は起こった・・

おもいきり、すべって転んだのである(´・ω・`)笑

IMG_8668
これがその決定的瞬間だ。

地面のコンクリートが長雨で濡れてヌルヌルしていたのだが、
あぶないあぶない!!と思いながら歩いていたら、
おもいっきり転倒してしまった。

バチコーン!!とすごい音がした(笑)

IMG_8669
ぬぐぐぐぐぐ・・・(^^;)

いってぇぇ〜〜!!!

IMG_8670
なんなのいったい・・(;´Д`A

痛いんだが、ブログ的にはありだな・・・笑
ブログに書くネタが出来たな・・と内心思ってしまった
人間こうなってしまうと完全に終わりである(´・ω・`)笑

IMG_8671
しかし、びしょびしょだよ・・(^^;)

何度も言ってるけど、
山よりも、人間が作ったものの方が圧倒的に危ない!!
僕がいつも転けるのは、こういう人が作った道や階段ばかりなのだ。
文明というのは便利ではあるが、想定していない事には圧倒的に弱くて脆いものだ。
その想いを再確認した出来事だった。

IMG_8672
とりあえず、携帯電話、無線機などのデジタル機器は無傷で良かった。

IMG_8676
これはヤケト尾根への入り口。立ち入り禁止になっているが・・。。

ヤケト尾根の歩道を整備しているようです。
アクセスが悪い尾根らしいけど、これで少しは歩きやすくなるのかもしれない。
ただ登山道というよりは、林業用の作業道として・・のようです。

IMG_8698
林道が長すぎて、地味に体力を削られます。

IMG_8664
左手に美しい沢。

IMG_8701
一瞬蛇に見えて、のけぞってしまった。

そして、やっと〜、登山口へ到着。
なげー。3時間ぐらいかかったぞ。

IMG_8702
ここから山へ入ります。

IMG_8703
近くには自転車も停めてありました。

地味な林道歩きで地味に疲れたし、足の裏も微妙に痛い気もするんだけど、
ここからが登山の始まります。

IMG_8712
よーし、頑張るぞ。

ここからの登山の期待が出来ますが、
次回へと続きますヽ(´▽`)ノ

次回の更新すこし時間かかるかもしれません。

61m8pwgKpdL
丹沢・奥多摩登山詳細ルートガイド(amazon)

つづく〜!!



↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。