単独行のこころ3(無線は持っているけれど)

こん♨♨は、東京登山です。

僕は山に無線を持って行くようにしているのですが、
それは無線があれば、いざと言う時に携帯電話が通じないような場面でも
外界と連絡をとれる可能性が高まり、
遭難時に役立つと思っているから無線機を持っているんです。

しかし、僕がもし遭難したとしても、
僕は無線を使わないと思います。

なんか矛盾してる事を言っていますが、
遭難をしても、たとえば両足の骨が折れても、
自力で這ってでも下山しないといけないと思っているんです。

誰にも迷惑をかけられない。
そういう気持ちが単独登山者としての僕の本当の気持ちです。

でも、実際に足の骨が折れたら、
1mmでも動く事が出来ないかもしれない。

指先をちょっと怪我しただけで涙目の僕ですから、
すぐに弱音を吐いたり、心細くなってしまって・・
実際には這って自力下山なんて事できないかもしれませんが(笑)

でも、安易に助けは呼べないって、そういう風に思っているんです。

どんなに苦しい状態でも、できるだけ自分の足で下山する。
下山が出来ないとしても、せめて稜線には上がりたい。
せめて、救助に来る人が拾いやすい場所までは行きたい。
せめて、救助ヘリから見つけやすい場所までは行きたい。
せめて、人通りが多くて見つかりやすい所までは行きたい。

できるだけの事をしたいと思っているんです。

理想ですが・・・。。

あなたはどうですか?(´・ω・`)

単独行
単独登山者。



↓ クリックをお願いしますだぁ〜〜<(__)>ハハ〜〜!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。