TSUTAYAで盗撮野郎と遭遇。の顛末。

こんにちは、東京登山です。

先日、ビデオ屋でビデオを借りようと物色していた所。女性のスカートの中を盗撮してる奴をみつけて、ちょっとした盗撮騒ぎになりました。いろいろ反省点があるのでここに書いておきます。

盗撮の現場を見てしまった。

犯人からは棚の影になっていて僕が見えてなかった様です。

手に握られた黒いスマホが、女性のスカートの下へ入ってるのが見えたんです。
僕の所からは腕だけが見えてました。そしてシャッター音もしました。

それで棚の影から出て、犯人に「おいっ!お前盗撮してただろう!?」と強めに言いました。

ここはけっこう勇気がいりましたね。自分の目で見ておきながら、信じられない事が起こったので、自分の頭の中でも(まじかよ??)で一杯です(笑)

すると犯人は「いえ、やっていません」と顔をこわばらせています。

見ると大学生みたいな感じのやつでした。あまりにも犯罪者っぽくなくて、
こいつ逮捕されたらこいつの人生終わるな・・なにやってんだよこいつ・・(^^;)と、微妙に犯罪者に対して(ちょっと可愛そうな展開になるな)と思ってしまいました。同情と言うか哀れみの感情ですかね。。

そのくらい、普通の青年って感じだったんです。

で、盗撮されていた女性ですが、イヤホンで音楽を聴いていたようで、僕と犯人のやり取りの途中からこちらを振り向いて「(^-^)??」みたいな反応です。

僕が女性に「あなた今、スマホで盗撮されていましたよ」って話した瞬間。

犯人が僕の前から脇に、怒涛のスピードでダッシュで逃げて行きました。
振り向いたら、吹っ飛ぶようなスピードで階段を下ってるのが見えました。

犯人に話しかけて、逃げるまで15秒ぐらいかなぁ〜。あっという間の出来事です。

追いかければ良かったのかも知れませんが、リスクの事とか、後々面倒だなーとか。
捕まえるためには、格闘もしないといけないだろうし、それを警察とか周囲の人に説明する事の大変さ、面倒くささを考えると、足が動かなかったですね(^^;)

相手よりも僕の方が体格も良かったですし、たまにジョギングとかもするので、普段からスポーツやって無い人に追いつくのは容易いと思います、やろうと思えばやれたんでしょうけどね〜(^^;)

とりあえず、女性とその友達に盗撮されていた事を説明しましたが、女の子は終始「(^-^;)」な感じで一言もしゃべりません。

そうなると、僕はすごく居心地が悪いと言うか。それでTSUTAYAの店員さんに、女性の前で事の経緯を説明しました。防犯カメラがあるので(顔は写ってないかもしれないけど)上の人と相談すると言う事でしたが、肝心の被害者である女性が「(^-^;)??」な感じで、被害者が何の主張もしないのに、僕だけが色々言ってもこれ以上進まねーだろ・・と思い、釈然としないままその場を離れました。

その後は、ビデオ屋で借りるビデオを選んでいたんですが、こんな事があったものですから、ぜんぜん選ぶのに集中出来ませんでしたね。

盗撮犯が初犯で、今回逮捕されなかったのは単なるラッキーで、これを教訓に二度とこんな事しなくなればいいのですが・・

反省点

もっとよく犯人を見ておけばよかった。

15秒ぐらいでしたから、犯人の顔と雰囲気までは覚えてますけど、あえて具体的に説明しろと言われたら説明は難しいですね。話しかけつつ、服装とか特徴を良くみておくべきでした。

そして自分1人で対処しようとしたのが間違いでした。

警察を呼んで、店員に事情を説明して数人で取り囲むべきでした。
犯人に声をかけた後の事まで考えてませんでしたね。相手がナイフで襲ってきたり、逃げたりした時の事まで考えずに行動してしまったのが大失敗です。もしも今後、盗撮犯や痴漢をみかけても、すぐに声をかけずにその後の事まで考えて行動しようと思ったオヤジです(^^;)






↓ たまにはクリックしてくれてもいいぢゃないのっ!?(/_;)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。