エベレストという山が低すぎたのかもしれん。

Photo by Michael Clarke on Unsplash

エベレストって山が低すぎた、のかもしれん。

もっともっと高い山がこの星にあれば良かったのに。
オリンポス山みたいに、2万mクラスの山があれば、
もう、どう足掻いても、人間には登頂出来ないだろうなあ。

下から口をあけて、ポケーって見るしかない山があったらどうだったろう。

頑張れば何でもできる!とか、言っちゃう人たちに、
頑張っても出来ない事があるという現実を叩きつけるね!
そんな山がひとつぐらいこの世にあって欲しかった。

嘘が多いこの世界で、圧倒的な現実を見せてくれる山。
だからこそ、人間にはぜったいに登れない山があって欲しかったと思ったのだった。
傲慢な人間たちをたしなめるような、登る前から圧倒的に登れないと思わせる、そんな山になら、神々が棲んでいるかも、と僕にも思えるかもしれないなあ。

エベレストは人間が登れるか登れないかのギリギリのラインの高さで、よく出来ているなと思う。

誰がこの標高をセッティングしたんだろう?
この絶妙な難易度設定。
ゲームデザイナーとしては優秀だと思う。

ちなみに、ぜんぜん関係ないけど、エベレストとか8000m峰に登る人たちが山頂で

「ここは限りなく宇宙に近い」

みたいな事を言う人いるけど、

宇宙ってたしか100kmより上だったよね?※
8000mなんて、ぜんぜん宇宙じゃないし!!(´・ω・`)

ドサクサに紛れて適当な事言ってはダメよん!(笑)

では、また。

※国際航空連盟(Federation Aeronautique Internationale: FAI)という組織が、高度100kmから上を宇宙と定義しているそうです。



↓ クリックしていただくと、当ブログが元気になります(^^)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ランキングに参加中です。




» ご意見・ご感想は ついったー か、掲示板でお願いします。